ホーム > 講座研修事業 > 資格取得研修 > 介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修について

 平成25年4月より、訪問介護員養成研修(ホームヘルパー研修)と介護職員基礎研修は、介護職員初任者研修に一元化されました。

 介護職員初任者研修は、介護に携わる者が、業務を遂行する上で最低限の知識・技術とそれを実践する際の考え方を身につけ、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的としています。


当財団における研修について

 超高齢化社会に先駆け、当財団では平成3年よりホームヘルパー養成研修の取り組みをスタートさせております。現在は、介護職員初任者研修を委託を受け実施しております。


特 徴

質の高い講師の選定が可能な専門職ネットワーク
  当財団の持つ全国3,000名以上の豊富な保健・福祉の専門職ネットワークから、開催地域における最適の講師を選定して、講習会を開催することができます。
全国各地を網羅する実習先ネットワーク
  全国各地での研修開催の実績により、多くの事業所施設とのネットワークを持ち、実習先の手配・調整をスムーズに行うことが可能です。
全国各地での開催可能な研修運営体制
  研修開催に必要な申請業務・煩雑になりがちな受講生管理・研修後の行政への報告等、運営業務全般について、全国各地で開催できる運営体制を整えています。

介護職員初任者研修の実施を検討中のご担当者様へ

 介護職員初任者研修は、介護サービスの提供事業者のみならず、様々な企業や団体で導入されている研修です。福祉や介護の視点を持つ人材育成に向けて企業・団体で介護職員初任者研修の実施をお考えのご担当者様へ、ご要望に応じた研修プログラムをご提案いたします。当財団までお気軽にお問合せください。


お問い合わせはこちら